シャチョー松村の勝手に酒場放浪記 Vo.9

新年明けましておめでとうございます!どうもシャチョーの松村です。

めちゃくちゃ久しぶりの投稿で大変失礼致しますっ!

別に禁酒していた訳ではございません!

公私ともに忙しくて一人呑みする時間がなく、とてつもなくブログ更新が滞ってしまいました。

全国の「勝手に酒場放浪記」ファンの皆様、ゴメンなさい (._.)

しかーし!、今年は子年!そうです、ネズミ男です。

私も4月4日のおかまの日で、“ふぉーてぃーえいと”です!

あと数カ月で“えろんな”役が終わるので今年こそは湯町をネズミのごとくチョロチョロしちゃいたいと思います。

そんな訳で、、、令和2年の年明け早々、今回は残念ながら、まだ湯町ではなく、異例の自宅酒場放浪記をしちゃいます!(シャーチョー宅公開はしません)まあ、たまには良いですよね…。

まずは、何はなくとも『うまい酒』の調達です!

 

そう、此処はいつもお世話になっております、中町は東横通りにある言わずと知れた「善光寺屋酒店」様にお邪魔しましたっ!

「いやー看板に『味』がありますね~。」

早速、店内に突入です。

お~これは眩しい!

店内には所狭しと並んだ、たくさんの私の大好物のお酒です!

こちらが、「善光寺屋酒店」店主の仁科さんです。腰の手が決まってます!

こちらの店主の仁科さんは、「さすがですっ」とにかく日本酒に詳しいんですよ。

実際に酒蔵に通っている事やお酒を造る杜氏の想いまでを、不肖の私にご教示下さいました。

まさにマニアックです!そして奥が深い!

この方、『マツコの知らない世界』に自信をもって推薦できます。

そんな訳でおススメのお酒1本をと思いきや

巧みな話術で3本も購入してしまいました。

それがこちら

左から、『大信州』、『一滴二滴』、『雪の茅舎』。

そして皆さん、レジ横商品には気を付けましょう。

とても旨そうな鯖缶とさんまの缶詰めが目に入ってきました。

もちろん購入しまっす!

そして支払いは、ペイペイでしっかりと5%還元。

『善光寺屋酒店』様は、キャッシュレスでの支払いができますよ!

早く帰って飲もっと♪ ワクワクします♪

あれっ?

何か忘れてらしねかい?

そうだ、肴(さかな)を忘れてます(笑)

そこでヒラメキッ!

酒の肴と云えば、近所の魚屋さん『カクアゲ』さんで調達しよっと!

『カクアゲ』様の店主は呑み友なんで(言わなくてもみんな知ってる)、直ぐに私のお好みを用意してくれました!

この日は、

和歌山産生マグロ中トロの握り。

かーーーっ、脂がのって大変うまそーです。

それから、、、

やっぱり刺身の盛り合わせ。(必需品です!)

そして絶品の『カクアゲ本店』特性銀ダラの粕漬け。

私の大好物です!

間違いなしでしょ!いただきまーす!

そしてまずは地元のお酒。

言わずと知れた『志賀泉酒造 一滴二滴』から。

んーうまいっ!いつものフルーティーな味わいがたまりません。

そして次は『大信州酒造 大信州』。

私はこの日が、“初めまして”のお酒です。

これもうまい!松本のお酒です。

飲んだ瞬間に北アルプスが目に浮かびましたよ!(ホントかよっ!)

風呂上り、肝臓も熱くなり、我が家の暖房効きすぎでTシャツでも寒くありません!

むしろ今年は「暖かいんだから~♪」と懐かしい歌を思い出す陽気ですね。

そして最後に『齋彌酒造店 雪の茅舎』。

大学受験に合格して浮かれた娘にお酌して貰いました。

おー!これはクセが強いんじゃぁ!

けどクセになるうまさ!

どうやら秋田のお酒で、なんでも昔ながらの製法で山廃仕込みなんだとか。

濃くて辛口好きの私にはとてもおいしく頂けました。

 

いやー贅沢な呑み方をしてしまいました。

この後直ぐに寝れるのが家呑みのいい所ですよね!

今回お酒を購入した善光寺屋さんはネット販売もしていますので、ぜひご利用ください。

furusatonosake.com/

お酒好きの皆さんもマニアックな店主に会いに行ってみて下さいね!

それではお休みなさーい!

 

今回お邪魔したお店

善光寺屋酒店:中野市中央2-4-10 ホームページhttp://furusatonosake.com/

カクアゲ本店:中野市中央1-8-6 ホームページhttps://www.kakuage.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です